Pocket

 

スポンサードリンク



本日はいまや押しも押されぬ
人気女優
吉岡里帆濡れ場シーン7本お見せします!

スポンサードリンク





吉岡里帆の関連記事になります。

吉岡里帆のスタイルや性格は?実家住所・家族構成・学歴について

当サイト一番の濡れ場記事になります。

はっきり言って強烈です。

吉岡里帆濡れ場(濡場、ぬれば、塗れば、セクシー画像、ベッド、キス、ラブ、動画)シーン7本お見せします!

吉岡里帆ベッドシーン

吉岡里帆 銭湯 水着

きみが心に棲みついた 第1話 吉岡里帆の全裸シーンがエロい

吉岡里帆と阿部サダヲのクソ長いキスシーン

吉岡里帆をこういう目で見てしまう

吉岡里帆 Yoshioka Riho 水着 Swimsuit Show Best Cut Vol.2

【エロ過ぎ】過激すぎる濡れ場・ベッドシーン4連発!!


スポンサードリンク



当サイト一番の濡れ場記事になります。

はっきり言って強烈です。

吉岡里帆プロフィール

生年月日 1993年1月15日(27歳)
出身地  日本 京都府京都市右京区
身長 158 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・CM
活動期間 2013年 –
事務所 エー・チーム

吉岡里穂生い立ち

京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、
小さい頃から映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育ちました。
そういった意味では恵まれた環境だったのですね

中学時代は吹奏楽部に所属、
進学校の高校へ進学後は一時軽音楽部やソフトボール部のマネージャーをするものの
肌に合わず、勉強とアルバイトに打ち込む日々を過ごしました。

ふむふむ、なるほど、、

高校3年の時にアルバイト先で人手が足りないからと頼まれて
映画『天地明察』にエキストラとして出演し、
そこで知り合った同志社大学の演劇部に所属する友人に誘われて小劇場の舞台『銀ちゃんが逝く』『蒲田行進曲』(つかこうへい作)を見てそれまでに味わったことのない感動を体験したのです。

すぐに「仲間にしてください!」と直談判するも門前払いされる。

独学で芝居の勉強を始めると、高校3年から俳優養成所に通い始め、
学生制作の自主映画にも参加する

芝居に対する情熱がかなり芽生えたわけですね。

書道家を目指して京都橘大学文学部日本語日本文学科書道コースに進学するも
演劇への思いを断つことができず、つかこうへい、三島由紀夫、唐十郎らの古典的な作品を上演する劇団の学生演劇のエネルギーに刺激を受けて、自らも18歳の時に同志社大学の友人の誘いで小劇場の舞台に立って唐十郎の『吸血姫』で主人公を演じたのを契機に学生演劇の世界にのめり込む

うんーん、やはり演劇に対する純粋な情熱がますますふかまったのですね。

また、学生主体の自主映画の撮影にも参加し、
学生制作のインディーズドラマ『ショート・ショウ』第1話「サティスファクション」
でテレビドラマに初出演。

テレビも映画も東京制作の作品ばかりであることから「やっぱり東京いかないとだめだな」と東京の養成所に通い、京都の大学で演劇をしながら東京の養成所でレッスンを受けるという、京都と東京の往復を繰り返す生活を送る。
京都から東京に通う費用は居酒屋やカフェ、歯科助手などアルバイトを多い時で4つ掛け持ちして捻出、大学が終わった後に作品作りをしてアルバイトへ行き、夜行バスで上京して漫画喫茶でシャワーを浴びオーディションを受けるなどして再び夜行バスで京都に戻る日々を5年ほど続ける。大学は転学後に卒業している

アルバイト4つ掛け持ちで、
演技を勉強するために
京都と東京を往復を5年続けたなんざ、
半端ない情熱です。

しかもしっかり大学を卒業しているなんざ、
大したものです!

まとめ

今回は吉岡里帆さんの
濡れ場(濡場、ぬれば、塗れば、セクシー、ベッド、キス、ラブ)シーン
そして
若い頃の経歴についてまとめさせていただきました。

今後の吉岡里穂に期待します。

当サイト一番の濡れ場記事になります。

はっきり言って強烈です。

スポンサードリンク



Pocket