Pocket

スポンサードリンク




現在は
芸能界でアイドル・モデルとして華々しい活躍をされている
斎藤飛鳥(あしゅ)さんですが
実は子供時代に引きこもりだった頃があるようです。

そこで
その真相や理由について
お話しさせていただきたいと思います。

また
双葉中学校時代の部活は何だったのか?
などのプチ情報についても
まとめていきたいと思います。
スポンサードリンク





斎藤飛鳥(あしゅ)の関連記事になります。

斎藤飛鳥(あしゅ)は子供時代引きこもりだった?

乃木坂46のメンバーとして
人気を集めておられる斎藤飛鳥さん!

現在はモデル業もされているほど
人気芸能人になっておられます。

そんな斎藤飛鳥さんですが
意外な過去をお持ちなのです・・・!

それが
子供時代の引きこもり!

知らなかった人からすると
かなり驚きの情報だと思います。

ミャンマー人の母と
日本人の父とのハーフで
ハーフ・・・ということが理由でなのかどうかは
わかりませんが
小学校5年生〜6年生の頃に友達からいじめを受けていたそうです。

また
先生とも波長が合わず
学校に居場所がなくなり
小学校6年生になる頃には
不登校になり家に引きこもるようになったのです。

しかし
この話だけ聞いていると
すごく可哀想な話に聞こえるかもしれませんが
実は
この不登校がきっかけで
アイドルになられているのです。

小学校4年生〜5年生の頃から
斎藤飛鳥さんは
アイドルになる夢を持っておられたのですが
この不登校になったときに
心配になったお母さんが
乃木坂46のオーディションを受けてみたら?と
背中を押してくれたそうです。

そして
その結果・・・
現在をみたら分かるように
見事乃木坂46のメンバーになられたのです。

過去に辛いことがあったかもしれませんが
その過去がなかったら
もしかすると
アイドルになるきっかけはなかったかもしれませんよね?

そう思うと
不登校になってしまっていた時期も
斎藤飛鳥さんにとっては
必要な経験の1つだったのかもしれませんね♪

スポンサードリンク



斎藤飛鳥(あしゅ) 過去のいじめのお陰で人気者に?

斎藤飛鳥さんは
先ほどにもお伝えしたように
過去にいじめを受けておられます。

そういう経験もあり
斎藤飛鳥さんの中で
【信用していると裏切られる】
【自身の心を守るために何も期待しない】
という考えになっているようです。

一時期は
【可愛いアイドル】をめざしておられたことも
あったようですが
やはり
そのやり方が自分に合っていなかったようで
【努力して、努力して、心をすり減らしても何も得られないから、最初から自然体でいよう!】
という考えに変わっていったようです。

要するに
素の自分を見せる・・・飾らない・・・ということですね!

ファンの方なら知っておられると思いますが
斎藤飛鳥さんは
可愛いお顔の反面
かなりの塩対応なんです。笑

例えば
握手会で

「可愛い一言ください」と言われれば「いやだ」
「ウインクしてください」と言われれば「しません」
「元気になるおまじないかけで」と言われれば「そんなの無い」
などという返しをされています。

この顔と性格のギャップが
斎藤飛鳥さんのファンはたまらないようで
人気を集めています。

要するに
過去に辛いことがあったことで
人に媚びることをせず
自分の素でいることが1番だ!という考えになられているのです。

もし
過去に辛いことがなかったら
そこらへんにいるような
可愛いアイドルと同じキャラで
人気を集めることはなかったかもしれません!

これまた
過去の辛さが
現在の斎藤飛鳥さんを作り上げていますね♪

斎藤飛鳥(あしゅ)双葉中学校時代の部活は何?

小学校は
6年生から不登校で引きこもり・・・となっていますが
中学校からは
また学校に通うようになられています。

しかも
部活までもされていたのです!

何の部活動だったかというと
【吹奏楽部】です。
乃木坂46に合格されてからは
そっちの仕事を優先しないといけなくなり
退部されていますが
退部するまでは
ちゃんと部活に通っていたそうです!

まとめ

今回は
斎藤飛鳥(あしゅ)さんの
子供時代の引きこもりのついてや
双葉中学校に通っておられたときの部活は何だったのか?について
まとめさせていただきました。

引きこもりになるほどの
辛い過去があったものの
その過去のお陰で
今の斎藤飛鳥さんがあるのだと思います!

これからも
塩対応の斎藤飛鳥さんを応援していきましょう♪

斎藤飛鳥(あしゅ)の関連記事になります。




Pocket