Pocket

スポンサードリンク





本日は女優安藤サクラの
濡れ場画像を多数紹介していきます。

スポンサードリンク





安藤サクラさんの関連記事になります。

安藤サクラの本当の性格は!?生い立ち・実家・家族構成・学歴について

安藤サクラ 濡れ場(濡場、ぬれば、塗れば、下着・セクシー画像、ベッド、キス、ラブ、動画)シーン

安藤サクラの体当たり演技が光る!映画『百円の恋』予告編

軽く濡れ場あり

安藤サクラ下着姿がエロい

 

安藤サクラベッドシーン

安藤サクラバスト(おっぱい・胸・巨乳・乳房・谷間)

当サイト一番の濡れ場記事になります。

はっきり言って強烈です。

安藤サクラプロフィール

本名 柄本 さくら(旧姓:安藤)
生年月日 1986年2月18日(34歳)
出生地  日本・東京都
身長 160 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 2007年 –
配偶者 柄本佑(2012年 – )[1]
著名な家族
犬養毅(曽祖父)
犬養健(祖父)
緒方貞子(再従姉妹)
奥田瑛二(父)
安藤和津(母)
安藤桃子(姉)
柄本明(義父)
角替和枝(義母)
柄本時生(義弟)
入来茉里(義妹)
事務所 ユマニテ

安藤サクラ経歴・生い立ち

父の俳優・奥田瑛二、

母のエッセイスト・安藤和津

の間に次女として誕生しました。

姉は映画監督の安藤桃子になります。

5歳の時に父の舞台を見て女優になろうと決意するのですが、
芸能一家という周りの声が気になり小学2年生のときにその夢を一旦封印しました。

学生時代にアルバイトなどの経験を積んだ後に高校生の時に女優の道へ進むことに。

2007年に父・奥田瑛二が監督を務める映画『風の外側』にクランクイン直前に降板した主演女優の代役として出演しデビューしたのです。

映画デビューとなった同作品には両親が出演しているほか、
姉・桃子も助監督として参加しています。

2009年、園子温が監督を務めた映画『愛のむきだし』で、
カルト教団の勧誘員・コイケを演じ、ひと際強い存在感を発揮したのです。

2011年、映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を始め、
立て続けに注目作に出演し、
第84回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞しました。

やはり親の血をひいていますね。

2013年1月、映画『かぞくのくに』の演技が高く評価され、
第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。

また同賞で助演女優賞を受賞。主演女優賞、助演女優賞のダブル受賞はキネマ旬報ベスト・テン開始以来初めての快挙になります。

2014年、姉が監督を務めた映画『0.5ミリ』と、


オーディションの募集記事を見て応募した『百円の恋』で主演を務め、
2年連続でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞をするなど
その年多くの主演女優賞を受賞しました。

翌年度第39回日本アカデミー賞では『百円の恋』で最優秀主演女優賞を受賞した。

キネマ旬報が企画したオールタイム・ベスト 映画遺産 日本映画男優・女優100(映画雑誌『キネマ旬報』創刊95周年記念)の女優ランキング第8位に選出された。

彼女の演技はじっくり腰が据わっちるという印象を受けます。

2016年4月スタートの『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)で連続ドラマ初ヒロインを務めます

2017年3月3日に行われた第40回日本アカデミー賞にて西田敏行とともに司会を務めるまでに、、
まさにうなぎのぼりといいますか
実力派女優といえますね。

まとめ

今回は安藤サクラの
濡れ場、経歴、生い立ちに関して
まとめました。

今後の安藤サクラの活躍に
期待します。
スポンサードリンク




当サイト一番の濡れ場記事になります。

はっきり言って強烈です。

Pocket